いなご
初秋
螽/稲子/蝗捕り

イナゴ科に属するバッタ類の総称。体長は三センチほどで色は黄緑色。実りの田に棲みついて、飛んだり跳ねたりする。稲を荒らす害虫でもあり、これを捕まえ、佃煮などにして食す。

人浅し水に妻負ふいなごかな
言水 「京日記」

道ばたや蝗つるみす穂のなびき
暁台 「暁台句集」

枯れ枯れの野辺に恋する螽かな
一茶 「七番日記」

先へ先へ行くや螽の草うつり
樗堂 「萍窓集」

稲刈りてにぶくなりたる螽かな
正岡子規 「子規句集」

コメントは受け付けていません。