白絣

しろがすり
晩夏
白地/白飛白

白地に絣模様を織ったり染めたりした着物。見た目にも涼やかで、昔より夏の着物として広く愛用されてきた。

白地着てこの郷愁の何処よりぞ
加藤楸邨「颱風眼」

妻なしに似て四十なる白絣
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。