虎魚

おこぜ/をこぜ
三夏
鬼虎魚

オニオコゼ科の海魚。体長は二十センチから二十五センチ。鱗はなく体は棘だらけ。背びれに毒針を持ち、刺されると激しく痛む。外観は醜いが味は淡白で美味。夏が旬で吸い物や煮物、空揚に、冬は鍋物の具などに用いられる。

鬼おこぜ石にあらずと動きけり
加藤楸邨「吹越」

コメントは受け付けていません。