手花火

てはなび
晩夏
線香花火/庭花火/鼠花火

手に持って楽しむ花火。紙縒りや細い棒に少量の火薬を付着させ、それに火をつけて色とりどりの発光を楽しむ。
庭先に消火用のバケツを用意し、家族そろって手花火に興ずる様は、夏ならではの風物詩である。

手花火を命継ぐ如燃やすなり
石田波郷「春嵐」

コメントは受け付けていません。