虎杖の花

いたどりのはな
晩夏
明月草の花/紅虎杖
【解説】
七月ごろ、茎の先と葉腋に白い花を多数開く。雌雄異株。花の色が紅色をしているものは紅虎杖とも明月草とも呼ばれる。
【科学的見解】
虎杖(イタドリ)は、北海道から九州の日当たりの良い荒地に生育する多年草である。開花後は、雌株に三?形の果実を形成し、種子はソバの実を小さくしたような形である。変種としては、オノエイタドリ、ケイタドリ、ハチジョウイタドリが存在する。また、草丈が二から三メートルまで成長するオオイタドリという種が、本州中部以北から北海道までの寒い地域に生育している。(藤吉正明記)

虎杖の花やわびしき水の音
佳兆 「よさむ」

コメントは受け付けていません。