ひょう/へう
三夏
氷雨

積乱雲から雷雨に伴って降ってくる氷塊。大きさが鶏卵大のものもあり、人や動植物に被害を与えることも珍しくない。

魚降りし市の噂や夏の雹
内藤鳴雪 「鳴雪俳句鈔」

雹の音こころに昏く麦ありぬ
臼田亜浪 「定本亜浪句集」

烈日やころげし雹に草の影
原石鼎 「花影」

コメントは受け付けていません。