晒井

さらしい/さらしゐ
晩夏
井浚/井戸浚/井戸替

井戸替をすることをいう。一年に一度、夏におこない、井戸の清潔を保つ。七月七日に行われることが多い。

人間の水は井戸替星は空
宗因 「それそれ草」

井の底もすつぱりかわく月よかな
一茶 「九番日記」

さらし井に魚ももどるや暮れの月
一茶 「九番日記」

晒井や余所へ家鴨をあつらへる
乙二 「乙二発句集」

昼寄席に晒井の声きこえけり
渡辺水巴 「水巴句集」

井浚ひの始まる萩を束ねけり
前田普羅 「新訂普羅句集」

瓢棚母屋の古井晒しけり
長谷川零余子 「雑草」

井戸替のをはりし井戸を覗きけり
日野草城 「花氷」

コメントは受け付けていません。