帷子

かたびら
晩夏
白帷子/染帷子/絵帷子/黄帷子/辻が花

麻やからむしで仕立てたひとえもの。帷子とは、袷の「片ひら」のことで、裏をつけていない布のこと。風通しがいい。

かたびらに温まり待つ日の出かな
丈草 「泊船集」

帷子のねがひはやすし銭五百
支考 「続猿蓑」

帷子や越路の伯母の片便り
蕪村 「夜半叟句集」

かたびらや浴して来し人の貌
召波 「春泥発句集」

帷子に白雲かかる山路かな
素外 「松の炭」

帷子を着る日だになく老にけり
玉珂 「物見塚記」

かたびらにまばゆくなりぬ広小路
梅室 「梅室家集」

青空のやうな帷子きたりけり
一茶 「七番日記」
帷子に草の香上る故郷かな
石井露月 「露月句集」

コメントは受け付けていません。