鹿の袋角

しかのふくろづの
初夏
袋角/鹿の若角/鹿茸

鹿の角は毎年生え変わる。春に落ちたあと、角座から新しい角が生まれてくる。皮膚で包まれた柔らかい角であり、形が袋に似ているので、その名がある。

二俣にわかれ初けり鹿の角
芭蕉 「泊船集」

鹿の角先づ一節の別れかな
芭蕉 「笈の小文」

袖かけて折らさじ鹿の袋角
園女 「其袋」

コメントは受け付けていません。