沖膾

おきなます
三夏

背越膾/鯵の背越

沖でとった魚をその場ですぐに料理してして食べること。タイ、アジカツオやスズキなどざっと三枚におろしまな板にのせ叩く。味付けには味噌などが使われる。現在では刺身にして穂紫蘇や茗荷などの薬味とともに食することが多い。

沖膾箸の雫や淡路島
言水 「江戸蛇之鮓」

沖なますはやきをもつていさぎよし
暁台 「暁台句集」

誰人の凱陣よりぞ沖なます
蓼太 「蓼太句集初編」

沖膾流るると舟中の人知らず
河東碧梧桐 「碧梧桐句集」

コメントは受け付けていません。