萱草の花

かんぞうのはな/くわんざうのはな
晩夏
萱草/忘草
【解説】
ユリ科の多年草。六、七月、ユリに似た六弁花を咲かせる。花色は黄橙色。一日でしぼむ。別名わすれ草ともいう。
【科学的見解】
萱草の仲間は、変種も含めて複数種存在する。ワスレグサは、九州西部の海岸や沖縄に自生する多年草である。ノカンゾウは、本州から沖縄の野原に自生し、原野に多いことからノカンゾウと言われている。ヤブカンゾウは、北海道から九州に自生しているが、中国原産の植物と言われている。この種は、ヒガンバナ同様に三倍体であるため、種子が形成されない。(藤吉正明記)

萱草の花とばかりやわすれ草
来山 「今宮草」

切かけし椋のくさりやわすれ草
百萌 「新華摘」

コメントは受け付けていません。