日脚伸ぶ

ひあしのぶ
晩冬

年も明けて、少しずつ日が長くなることをいう。一月も終わりの頃になると、日が長くなったなあという感慨にとらわれることがある。冬木の芽もしだいにふくらみ、春が近いことを感じる。

日脚伸ぶ煤ひと筋を後れ毛に
石橋秀野 「桜濃く」

コメントは受け付けていません。