簟(たかむしろ) 三夏

【子季語】
竹席
【解説】
竹を細く削って筵のように編み上げたもの。夏場、畳などに敷いて、そのひんやりとした感触を楽しむ。

*

窓なりに昼寝の台や簟
芭蕉 「続猿蓑」

漣や近江おもてをたかむしろ
其角 「華摘」

年のよらぬ父の寝顔やたかむしろ
太祇 「新五子稿」

細脛に夕風さはる簟
蕪村 「蕪村句集」

胸髭に風こそわたれたかむしろ
蓼太 「蓼太句集初稿」

鉾宿に敷きつめられし簟
高田正子 「花実」

コメントは受け付けていません。