雪眼

ゆきめ
晩冬

雪盲

晴天の日、積雪のあるところでは光の乱反射が起こる。そのため、紫外線が放射され目の結膜が炎症をおこす。これが雪眼である。目が赤くなり涙が出る。ひどくなると視力に支障をきたす。

コメントは受け付けていません。