十一月

juuitigatu
じゅういちがつ/じふいちぐわつ
初冬

陽暦十一月で霜月をいう。立冬(十一月八日頃)を迎えるが、まだ寒くはなく、空も野山も澄みとおる頃である。暖かな日和が続くかと思えば、ときに時雨たり稀に霜の降る日もある。

日暮見ぬ十一月の道の辺に
原石鼎 「花影」

あたゝかき十一月もすみにけり
中村草田男 「長子」

コメントは受け付けていません。