杜父魚

かくぶつ
三冬
杜夫魚/霰魚/霰がこ

カジカ科の淡水魚「かまきり」の異称である。姿形は鯊もしくは鰍に似ていて、体長は三十センチほどになる。美味なる淡水魚として、「春うぐひ、夏は石ぶし、秋河鹿またはいさざ、冬は杜父魚と知れ。」『糸切歯』(宝暦一二)とある。

かくぶつや腹を並べて降る霰
拙侯 「続猿蓑」

杜父魚のえものすくなき翁かな
蕪村 「蕪村句集」

杜夫魚のまうけ少きたつき哉
正岡子規 「俳句稿巻一」

コメントは受け付けていません。