えり簀編む

えりすあむ
仲冬

えりとは川や沼などの魚の通路に竹簀を立てて魚を捕る装置である。簀編みは漁閑期に漁師が編んだが、古くは、魚師と言って簀編みを業としていた者もいた。

コメントは受け付けていません。