蝦蛄葉仙人掌

しゃこばさぼてん
仲冬
蝦蛄仙人掌/クリスマスカクタス
【解説】
サボテン科の多年生多肉植物である。茎の各節が蝦蛄に似ていてこの名がついた。クリスマスの頃に花を咲かす。単に仙人掌といえば、夏の季語である。
【科学的見解】
蝦蛄葉仙人掌(シャコバサボテン)は、ブラジル原産の植物で、樹上や岩上に着生して生育している。花は、赤、赤紫、橙、桃、白色などの変異がある。近縁の種としては、ブラジル原産のカニバサボテンが存在し、より標高の高いところに自生している。両種ともに挿し木で繁殖させる。(藤吉正明記)

コメントは受け付けていません。