柴漬

ふしづけ
三冬

川魚を捕るための仕掛けの一つ。冬の間、沼や川に枯れた柴や杉皮などを束ねて沈めておき、その部分に魚が集まるのを待って、四手網などで漁をする。

柴漬に古椀ぶくりぶくり哉
一茶 「七番日記」

柴漬やをねをね晴れて山遠し
村上鬼城 「鬼城句集」

コメントは受け付けていません。