報恩講

ほうおんこう/ほうおんかう
仲冬
御正忌/御七夜/御講/御仏事/お霜月/親鸞忌/引上会/精進固/精進落

浄土真宗の開祖親鸞上人の忌日(一二六二年十一月二十八日)の前後七昼夜にわたって行なわれる法要をいう。東本願寺では十一月二十一日から始まり、西本願寺では陽暦に直して一月九日から始まる。開祖に対する報恩謝徳のため、各地から多くの門徒が参集する。

銭箱に鐘もひびくやお霜月
宗因 「桜川」

御仏事や海士の塩焼く志賀堅田
凡兆 「荒小田」

椀の泣くいとこ煮汁や報恩講
吉田冬葉 「青嵐」

御正忌や祖師の御苦労雪霏々たり
石田雨圃子 「竜の玉」

馬の背や緋蕪のぞかすお霜月
石橋秀野 「桜濃く」                           

コメントは受け付けていません。