恵比寿講

えびすこう/えびすかう
初冬
恵美須講/戎講/恵比須講/夷講/夷子祭/夷子切

七福神のひとつ恵比須神の祭礼。陰暦の十月二十日や十一月二十日などに行われる。恵比須は、農村では田の神、漁村では漁の神、商家では商売繁盛の神で、地方によって様々な祝い事がなされる。

例の鯛も事あたらしや恵美酒講
重頼 「桜川」

振売の雁あはれなりゑびす講
芭蕉 「炭俵」

まないたに小判投げけり夷講
其角 「末若葉」

行きかかり客に成りけりえびす講
去来 「韻塞」

夷講の中にかかるや日本橋
許六 「正風彦根躰」

前髪に恋はありけり夷講
召波 「春泥句集」

夷講やことに難波の肴市
蘭更 「半化坊句集」

独り居や飯買つて来て夷講
一茶 「文政九年句帖」                           

コメントは受け付けていません。