神送

かみおくり
初冬
神送風

陰暦の九月三十日に各地の神々は出雲へ旅たつ。その神々を送り出すことをいう。神棚にお供えをしたり、地方によっては参詣して送ったりする。

けふはさぞ道づれ多き神おくり
重頼 「桜川」

あるる物としれどたふとし神送
鬼貫 「二葉集」

風の駒雲の車や神送り
才麿 「真砂月」

飛ぶ木の葉いづこいかなる神送り
素丸 「素丸発句集」

神を送る峰又峰の尽るなき
石井露月 「露月句集」

コメントは受け付けていません。