日傘 (ひがさ) 三夏

higasa【子季語】
絵日傘、白日傘、日からかさ、パラソル
【関連季語】
春日傘
【解説】
夏の強い日差しを防ぐための傘。主に女性が用いる。江戸時代の日傘は、竹の骨に紙を張っただけのもの。雨用とは違い、油や渋は塗らなかった。最近では白ばかりではなく、黒い色のものも目にする。
【来歴】
『をだまき綱目』(元禄10年、1697年)に所出。

降るものは松の古葉や日傘(ひからかさ)
嘯山 「類題発句集」

山うどの山出て市は日傘かな
一茶 「寛政紀行」

絵日傘に亡き児や行くとながめけり
安斎桜?子 「閭門の草」

白日傘道に沿うたり外れたり
長谷川櫂 「蓬莱」

コメントは受け付けていません。