坂鳥

さかどり
晩秋

山を越えて里に来る渡り鳥のこと。昔の人はそれを、坂越えをしているとたとえた。

坂鳥の胸をうたるる笞かな
暁台「暁台句集」

コメントは受け付けていません。