稲負鳥

いなおおせどり/いなおほせどり
三秋
いなおせどり

古今集に詠われた鳥で、何の鳥かは定かではない。この鳥が鳴くとき、人が稲を背負いて家に入るので名づけられたともいわれる。

コメントは受け付けていません。