連雀

れんじゃく
晩秋
ほや鳥/緋連雀/黄連雀

スズメ目レンジャク科の渡り鳥の総称。秋、北方から渡ってくる。体長は二十センチほどで冠毛を持ち、体全体がピンクがかった薄茶色をしている。ヤドリギ、クロガネモチの実などを食べる。

連雀やひとりしたゝる松の中
蓼太「類題発句集」

コメントは受け付けていません。