交喙鳥

いすか
晩秋
交嘴鳥/なきいすか

スズメ目アトリ科の渡り鳥で、秋、シベリア方面から渡来する。体長は十八センチくらいで、スズメより大きめ。羽は灰褐色であるが、全体的には赤褐色である。松の種を好んで食べ、針葉樹の林で生息する。

コメントは受け付けていません。