油団

ゆとん
三夏

紙を厚く張り合わせて、油や漆を塗った丈夫な敷物。畳の上などに敷いてひんやりとした感触を楽しむ。

踏むやそもまたなつかしき油団かな
上川井梨葉「梨葉句集」

渋ゆとんくちなしの花うつりけり
室生犀星「魚眠洞発句集」

コメントは受け付けていません。