掛香

かけこう/かけかう
三夏
匂袋/誰袖

龍脳、白檀、丁子などの香料を調合して袋に入れ、それを柱などにかけておくこと。防臭効果もさることながら、邪気を払ふとも信じられていた。

掛香をきのふわすれぬ妹がもと
蕪村「夜半叟句集」

コメントは受け付けていません。