鶴の巣

つるのす
三春
鶴の巣ごもり

日本で繁殖している鶴は北海道釧路の丹頂鶴一種類のみで、特別天然記念物に指定されている。留鳥で、四月下旬から五月にかけて巣を作る。湿地の中に葦や枯枝を折り曲げて作るが、大きなものは直径一メートル以上、高さ六十センチもある。通常、卵二個を産む。抱卵と雛の世話は雌雄交代で行う。

コメントは受け付けていません。