雉の巣

きじのす
晩春

雉はほとんどの種が一夫多妻で、繁殖期は四月~五月。巣は原野、山がかった畑、雑木林、草原など草におおわれたところにつくる。土をかいて浅い窪みをつくり、そこに枯草や木の葉などを敷くといった簡単なもの。卵の数は八~二十個で育雛を行うのは雌だけ。

コメントは受け付けていません。