鳶の巣

とびのす
三春

鳶は中型のタカの一種で、海岸から山地の開けたところに棲む。巣は十メートル以上の高木の枝の上に枯枝を積み上げてつくる。径は約五十センチと大きく、頑丈。二~四個の卵を産む。

鳶の巣と知れて梢は鳶の声
北枝「北枝発句集」

鳶の巣や樹下石上の座禅僧
正岡子規「子規全集」

鳶の巣を見下す岨や五十丈
正岡子規「子規全集」

コメントは受け付けていません。