鴬の巣

うぐいすのす/うぐひすのす
晩春

鴬は繁殖期になると山地に入り、明るい笹藪や草原などを中心に生活する。低木の地上一メートルくらいのところに、笹や草茎などを材料に直径十センチ位の球形の巣をつくる。巣の横に丸い出入口があいているが作りは粗い。卵は四~六個で光沢のある赤褐色。

コメントは受け付けていません。