雀の巣

すずめのす
三春
巣引雀(すびきすずめ)/巣藁雀(すわらすずめ)

雀の営巣期は早春から夏にかけて行われ、人家の屋根裏や瓦の隙間、廂裏などにつくる。煙突、高い木の枝の上、古木の空洞などにもつくることもある。材料は藁、枯草、小枝、草の根など。産卵は年二、三回で、一回に五~八個の卵を産む。「雀のお宿」などいわれるように人間とのかかわり合いが深い。

巣はあだに軒の雀の声高き
白雄「白雄句集」

こと更にがしかましさや雀の巣
三巴「新類題発句集」

人も来ず神殿古りて雀の巣
正岡子規「子規全集」

コメントは受け付けていません。