千鳥の巣

ちどりのす
三春

日本では十二種のチドリが記録されているが、繁殖しているのはそのうちの五種。巣は荒れ地や草地のへこみを使い、そこに小石や枯草などを敷いたもので、三、四個の卵を産む。卵の色は周囲にまぎれるように模様がある。

闇の夜や巣をまどはして鳴く千鳥
芭蕉「猿蓑」

コメントは受け付けていません。