鵲の巣

かささぎのす
三春

鵲の営巣期は二、三月頃で、高い木の上に木の枝などを積み重ねて径一メートルほどの球形の巣をつくる。側面に出入口があり、高さは地上四~二十メートル。七、八メートルであることが多い。電柱などにつくることもある。三、四月頃に産卵、一回に五~八個の卵を産む。

コメントは受け付けていません。