浮鯛

うきだい/うきだひ
晩春

広島県豊田郡幸崎町能地などで見られる現象で、水圧の変化に浮き袋のガス調節が間に合わないため、鯛が浮き上がってしまうもの。春季、産卵のために外海から瀬戸内海に入ってくるが、潮流の変化が激しく干満潮には急流となり、深いところから急に浅瀬に流された鯛は浮き袋のガス調節が追いつかず、浮き上がってしまう。鯛が減った今ではほとんど見られない。

コメントは受け付けていません。