目張

めばる
三春

黒めばる/赤めばる/金めばる/とごつと/めばる
フサカサゴ科の海水魚。目が頭に比べて大きいことからこの名がついた。棲む場所によって地色が黄、赤、黒などに変化するがいずれも同一種。胎生魚で体長は成魚で二十センチほど。煮つけが一般的だが新鮮なものはや塩焼き、椀種にする。白身で美味。

コメントは受け付けていません。