初鮒

はつぶな
晩春

冬、水温の低い間は餌もほとんど食べず冬眠状態だった鮒が春になり、水温が上がってくると活動を始める。産卵のため浅瀬に寄り、食欲も旺盛になって漁によい季節となる。春となり、はじめてとれた鮒ということから初鮒という。

初鮒や昨日の雨の山の色
視山「新類題発句集」

コメントは受け付けていません。