水売

みずうり/みづうり
三夏
冷水売/砂糖水売/水屋

江戸時代の商売。深川あたりでは井戸を掘ってもほとんど塩水で、水売から水を買わなければならなかった。また炎暑の辻々では天秤棒に桶を下げて水を売り歩いた。

月かげや夜も水売る日本橋
一茶「九番日記」

コメントは受け付けていません。