毒消売

どくけしうり
三夏
毒消

食あたりの薬を売り歩く行商人のこと。多くは越後や越中の未婚女性であったという。

コメントは受け付けていません。