地紙売

じがみうり/ぢがみうり
三夏

地紙は、扇の骨に張る料紙のこと。江戸時代、好みの絵や模様が描かれた地紙を買い、扇を張り替えたりした。

コメントは受け付けていません。