粟蒔

あわまき/あはまき
仲夏
粟蒔く

粟は、イネ科エノコログサ属の多年草。五穀のひとつで、日本では米より早く栽培が始まったとされる。五月頃苗床に種を蒔き、秋に刈り取る。

藪添ひに雀が粟も蒔きにけり
一茶「随斎筆紀」

粟蒔くや日のさす上に朝鴉
岡本癖三酔「最新二万句」

コメントは受け付けていません。