稗蒔

ひえまき
三夏
稗植う

稗はイネ科ヒエ属の一年草。中国を経て縄文時代に渡来したといわれる。昔は飢饉などの際、米の代わりに食された。五月から六月にかけて蒔き、秋に収穫する。

小山田や稗を植ゑるも昔唄
一茶「七番日記」

コメントは受け付けていません。