麻刈

あさかり
晩夏
麻刈る/夏麻(なつそ)引く

土用のころの、充分に成長した麻を刈ること。刈取った麻は水に浸し、繊維部分の青苧を取り出し、さらに青苧を煮て繊維をとる。

あふみのや麻刈る雨の晴間哉
蕪村「夜半叟句集」

麻刈りて鳥海山に雲もなし
正岡子規「春夏秋冬」

麻刈りて貧しさ見ゆれ家の内
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。