藍刈

あいかり/あゐかり
晩夏
一番藍/二番藍/藍玉/藍刈る/藍搗き

藍はタデ科の一年草。中国から伝わり、染料になる植物として古くから栽培されてきた。藍染の原料は茎と葉からとる。一番藍は七月頃収穫し、二番藍は九月に入ってから収穫する。

コメントは受け付けていません。