夕河岸

ゆうがし/ゆふがし
晩夏
昼市/昼網/夕鯵

その日の午後に獲れた魚を朝まで待たず、夕方市を立てて売りさばくこと。ものが腐りやすい夏場の習慣である。

コメントは受け付けていません。