四条河原の納涼

しじょうがわらのすずみ/しでうがはらのすずみ
晩夏
河原納涼/四条涼み

江戸時代の祇園会の頃の夕涼み。四条河原の水面に桟敷をしつらえ、昼間のようにあたりを灯して涼をとったという。現在の川床涼みの始まりである。

コメントは受け付けていません。