住吉踊

すみよしおどり/すみよしをどり
晩夏

六月十四日に、大阪市住吉区の住吉大社で行われる神事での踊り。念仏踊りの一種で、長柄の傘を持った音頭取がその柄を扇子で打ちながら調子をとり、傘のまわりを菅笠をかぶった四人の少女たちが踊り回る。

コメントは受け付けていません。