起し絵

おこしえ/おこしゑ
三夏
立て絵/組絵/切抜き灯籠/組立灯籠/立て版古

厚紙で裏打ちした切抜きの絵を、台紙の上に立てて立体的に見せた細工物。茶室の設計などに利用されるほか、子どものおもちゃとしても作られる。

起し絵の男をころす女かな
中村草田男 「長子」

コメントは受け付けていません。